ギャンブルをゾン

ギャンブルをゾンビやバンパイアと組み合わせるのが良い理由

ゾンビと吸血鬼は西洋における遠い昔からの民間伝承の1つです。吸血鬼のアイデアは、『ドラキュラ』と呼ばれる本の中で初めて概念化されたのですが、これはドラキュラ公という名前の暴君的な伯爵からインスピレーションを受けたものだと考えられています。彼が生きた時代は、人体解剖学の研究のために死体が掘り起こされていた時期と一致しています。掘り起こされた死体のやせ細った青白い体、太鼓腹、そして口の中の血から、吸血鬼の神話が生み出されたのです。吸血鬼の民間伝承は中世の時代に広く知れ渡り、本や音楽、果ては映画を通じてポップカルチャーにまで浸透しました。

 

ゾンビの伝承はフランスの植民地化であったアフリカのブードゥー教と魔法の神話から始まりました。そこでは、邪悪な魔術師によって死体から復活させられた人々の話をが語られており、その話は『the Magic Island』と呼ばれる小説として西海岸に伝わりました。『White Zombies』という、この本の内容を少々ベースに取り入れた映画が作られたのですが、それ以降、この映画はポップカルチャー界に存在し続けています

参照すると

これらの神話上の怪物はどちらも、アーティスト、映画製作者、ゲーム開発者にとっての敵対者として活躍しており、その概念から新たな意味合いが浸透しました。ゾンビは未知なる一貫した力によって操られたコミュニティや人を表現するストーリーテリングデバイスとして使用され始め、また吸血鬼は人々から生命力を吸い取る人間を表す視覚的表現として使用され始めました。しかし、神話におけるゾンビや吸血鬼の本来の意味は、ゲーム開発者によって守られているのです

 

これらの生き物をベースにしたゲームは非常に高い人気を博し、それ自体が1つのサブジャンルとなりました。スロットマシンにおいては、『イモータル・ロマンス』、『ブラッド・サッカーズ』、『ドラキュラ』などの、吸血鬼をテーマにしたゲームがフィーチャーされました。ゾンビゲームには、NetEntの『Zombies』、Microgamingの『Lost Vegas』などがあります。

 

ギャンブルをゾン

これらのゲームを正しい方法でプレイする方法を知っている場合、オンラインカジノではバンクロールを2倍または3倍にし、ハウスエッジを上回るカジノボーナスを獲得できるため、賭け金から多くの利益を得ることができます。 カジノボーナスとは、実店舗のカジノにおけるコンプのオンラインバージョンのものです。 カジノボーナスには、フリースピン、ボーナスキャッシュでのデポジットマッチングなどがあります。オンラインカジノでは、特にビデオスロットにカジノボーナスが提供されます。なぜならビデオスロットは世界中で何百万人ものプレーヤーによってプレイされているからです。意識のないゾンビのようにプレイするのではなく、この種のゲームをプレイするための戦略について、他のウェブサイトを参照すると良いでしょう。

参照すると良いでしょう

結論

 

テレビゲームは面白く、そして余暇にはうってつけのアクティビティです。スロットマシンでは、テレビゲームで賞金を獲得するチャンスというスリルを感じられ、またこれによりゲームをプレイすることに対する興味深く楽しい感覚が得られ、ゲームにさらなる興奮がもたらされるのです。このサブジャンルのゲームは、それ自体が非常に人気があり、またゾンビや吸血鬼とギャンブルの組み合わせは非常に魅力的なものなのです。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *